スタジオジブリ

 

スタジオジブリの評価について紹介します。

■日本での評価

スタジオジブリの日本国内での評価は、2002年から2006年まで消費者から
最も評価されているブランドのランキングで毎年ベスト5に選ばれていたり、
共感するブランドの部門では2002年から5年連続で1位に選ばれていたりと
かなり高い評価を得ています。


■海外での評価

スタジオジブリの日本国外での評価は、ベルリン国際映画祭での金熊賞、
アカデミー賞アニメーション部門やベネチア国際映画祭での金のオッゼラ賞など、
国際的にも評価は高いようです。

日本国外でスタジオジブリのアニメ映画が一般大衆の間で受容されていたのは香港。
1987年に香港で公開された「天空の城ラピュタ」は、
その年の香港における外国映画第2位となる1300万香港ドルの興行収入を挙げました。

その後のジブリ作品も1000万香港ドル以上の興行収入を挙げ、1997年の時点で香港における日本映画の上位にランクインされるなど、海外でも人気があるようです。

 

CONTENTS
 

☆トップ

 

☆作品一覧

 

☆評価

 

名☆前の由来と歴史